男性

投資マンションは今最も人気の投資法|高い収入が得られる

将来性のある資産運用手段

集合住宅

人気の地域と最高の物件

投資マンションにおいては、まず好立地の物件を選ぶことが重要となります。現在の投資マンションとして将来有望な地域としては、都心の湾岸地域が挙げられます。都心の湾岸地域は2020年の東京オリンピックの開催地に近いことから、今後も高い入居需要が期待できます。次に都心では品川地区が挙げられます。品川は空港に近いため、外国人の需要が高まっていく可能性があります。さらに投資マンションを選ぶ際には、高級感のあるタワーマンションの1室などにするとリスクを下げることが可能となります。高級タワーマンションであれば、今後も高所得増の入居需要が高く維持されることが期待できます。したがって、投資マンションでは最高の物件を選ぶことが、上手くいくコツとなります。

インフレ対応の資産運用

日本ではデフレの脱却を実現するために、マイナス金利が導入されるようになっています。マイナス金利が実施されると、金融機関は不動産向けの貸し出しを増やす流れが起こってきます。そうした環境から、日本の不動産市場は将来的には価格が上昇しやすい状況があると考えられます。したがって、現在は投資マンションでの資産運用には、大きなチャンスが出ています。日本では大規模な金融緩和政策やマイナス金利の導入を進めていくことで、将来はインフレ経済に移行していくことが考えられます。インフレ経済になると投資マンションの価値は、今より大きく上昇している可能性が高まります。したがって、インフレ対応の資産運用としては、投資マンションが有力な手段となっています。